静岡の木を活かすルール

ルール1柱・梁など主要構造材の50%以上に、
高品質な静岡産材「しずおか優良木材」などを使用。

古来、その土地の気候で育った木の活用が、家を丈夫さにつながると言われてきました。

とりわけ静岡県は、建築に適したヒノキ・杉の森林資源が豊富で、その80%が強靱な樹齢40年以上。

なかでも「しずおか優良木材認定審査会」が認定する「しずおか優良木材」は、強度や乾燥度が客観的な数値で認定されています。

この木材をふんだんに使うことで、自然の優しさと堅牢な構造を両立します。

もともと木は断熱性や湿度調節機能に優れ、高温多湿の静岡で快適に暮らすにふさわしい建材ですが、同じ気候で育ったしずおか優良木材の使用で、より静岡らしい家になると言えましょう。

住まいのプランによっては、「しずおか優良木材」と同等の品質をもつ「合法木材」」(ヒノキ、杉、米松、PW、WW)を使用することも可能です。

ルール1地域材の魅力を長もちさせる
「お手入れマニュアル」をご用意。

内装の地域材をはじめ「しずおか匠の家」のお手入れに役立つマニュアルを完成時にお渡しします。木の風合いを長く保つことはもちろん、住まい本来の味わいを守るためにも役立ちます。

ご要望や住まいのプランによっては、こんな取り組みも。

床下地・屋根下地に使う構造用合板においても、「しずおか優良木材等」の認定品を使うことができます。

内装にも県産材を多用することができます。

見た目に美しく、木の香りが心地よく、自然のエアコンとも言うべき湿度調整機能や断熱性を備えた自然木は、内装材に活かすことで快適性や安らぎがさらに高まります。